読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年神ドラマ/クソドラマランキング 【前編】神ドラマ部門

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

2015年もいよいよ終わりに近づいております。

今年も数々のドラマを視聴、実況して参りました。

個人的には、神ドラマに恵まれた1年だったかと思います。

振り返りも兼ねまして、個人的感想ではございますが、ランキング形式で発表させて頂きます。

対象となる番組は、私が視聴した2015年1月以降に放送開始した地上波の連続ドラマで、既に放送が終了しているものです。

 

では、まず神ドラマから。

 

 

 

【前編】神ドラマ部門

 

 

 

3位 民王 (2015年7月〜 テレビ朝日)

http://www.tv-asahi.co.jp/tamiou/sphone/

 

f:id:urimura:20151228120414j:plain

Amazon.co.jp | 民王 Blu-ray BOX DVD・ブルーレイ - 遠藤憲一, 菅田将暉, 本仮屋ユイカ, 知英, 高橋一生, 金田明夫, 草刈正雄, 西田敏行, 木村ひさし, 本橋圭太, 山本大輔

 

 

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田将暉さんが演じる、女子っぽい言動のヘタレ大学生:武藤翔と、遠藤憲一さん演じる、翔の父であり豪傑な内閣総理大臣:武藤泰山の中身が入れ替わってしまうという設定。

親子や友達の中身が入れ替わってしまう、いわゆる俺があいつであいつが俺で的な設定はそう珍しいものではありませんが、主演の2人の演技力が光っておりとても新鮮味がありました。翔状態のエンケンの可愛らしいこと、泰山状態の菅田氏のかっこいいこと…

基本的に全編ギャグテイストでお話が進んでいく(しかもそのギャグがちゃんと面白い)ので、見てて辛くならないし、終わったあとアー!今週も面白かったー!となるとても良いドラマでした。

f:id:urimura:20151228122355p:plain

また、見た目は美しい女子大生/中身はオッサン(父親)を演じた知英さんや、無表情でボケ倒すクールな総理秘書を演じた高橋一生さんなど、脇キャラも魅力的な布陣でした。

菅田氏が出演していた「仮面ライダーW」の決め台詞が使用されるなど、実況民の盛り上げ方も非常に上手でした。コメディドラマはこのように作ってもらいたいというお手本のようなドラマです。

 

 

 

 

 

2位 デート〜恋とはどんなものかしら〜 (2015年1月〜 フジテレビ)

http://www.fujitv.co.jp/date/index.html

 

f:id:urimura:20151228125502j:plain

Amazon.co.jp | デート~恋とはどんなものかしら~ Blu-ray BOX DVD・ブルーレイ - 杏, 長谷川博己, 国仲涼子, 中島裕翔, 松尾諭

 

 

タイトルが分かりづらいのもあって、放送前に目をつけていた方は少ないのでは?

あらすじに関してはこちらの方がとても分かりやすく書いています。

恋愛至上主義への皮肉たっぷりな月9ドラマ「デート」が面白すぎる|原わた|note

私はこの記事を読んで視聴を始めました。

 

まあ要するに、数学が何より好きで感受性に欠ける依子(杏さん)と、文学が何より好きで生活力に欠けるニート巧(長谷川博己さん)が、それぞれの利害のために結婚しようとする、という話です。

几帳面すぎてセックス開始時刻やピロートークの長さまで明確に予定を立ててしまう依子、「高等遊民」という名のニート生活を続けるために依子に扶養されたがっている巧…

こちらも全編ギャグテイストで、巧が「羽海野チカがスラダン同人時代に描いていた花形×藤真本が良い」と発言するシーンがあるなど、かなりコアなネタが挟まれる切れ味の鋭い脚本は実況のし甲斐もありました。

まったくそりの合わない2人でしたが、最後には恋とは何かを知る事となります。

最終回の、依子と巧が泣きながら1つの林檎を齧り合うシーンは日本ドラマ史に残る名シーンだと思います。恋をするということは苦しいことなのです。

 

「結局、恋とは何なんでしょう?私は恋をすれば幸せになれるものだと思っていました。でもどうやら違うようです。たとえ苦痛でも、たとえ不幸でも、その人がいなければ、生きている意味がない、それが、恋、なのかもしれません。」

(最終回、依子の台詞より)

 

 

 

 

 

 

では、いよいよ今年の神ドラマ大賞を発表致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位 デスノート (2015年7月〜 日本テレビ)

http://www.ntv.co.jp/drama-deathnote/

 

 f:id:urimura:20151228183144p:plain

Amazon.co.jp | 「デスノート」Blu-ray BOX DVD・ブルーレイ - 窪田正孝, 山崎賢人, 優希美青, 佐野ひなこ, 藤原令子, 関めぐみ, 前田公輝, 弓削智久

 

 

 

えっ?!神ドラマ?!クソドラマじゃないの?!って思ったそこのあなた。

デヌけ(タイトルロゴがこう読めるため我々は原作や映画版との区別の意味も込めてこのように呼んでいました)はクソドラマじゃない。

もう一度言います。デヌけは神ドラマだ!!!!!

 

私事ではございますが、デスノートという作品には並々ならぬ思い入れがありまして、

映画版は私としては受け入れがたいものだったので、きっとドラマ版もそうなるだろう、好きな作品が世間におもちゃとして弄ばれて終わるだろうと悲痛な気持ちになりながら視聴を始めました。

 

1話は劇中に登場したニトリ製のカーテンが自分のものと被っている実況民が続出し、日テレの予算の少なさをこれでもかと見せつける順調な滑り出しでスタート。

最初こそクソドラマの様相を帯びていましたが、毎週実況していくうちに、原作とは全く違う設定にも関わらず、次第に原作と同じ運命を辿っていく夜神月の姿に心を奪われていきました。

居酒屋でバイトしているような平凡な大学生が、次第に狂気を帯びて「夜神月=キラ」になっていくさまを丁寧に演じてくれた窪田正孝氏には頭が上がりません。

私が家のテレビ画面を写メった貧相な画像で申し訳ありませんが、デスノートに触れてキラとしての記憶を取り戻した月が悪い顔で笑う、有名な「計画通り」のシーンもこんなにバキバキに演じてくださいました。

 

f:id:urimura:20151228174301j:plain f:id:urimura:20151228174313j:plain

f:id:urimura:20151228174321j:plain f:id:urimura:20151228174339j:plain

 

デヌけが神ドラマたるゆえんの9割は窪田氏の演技力ですが、

原作とは違う設定、ストーリーで話を進めつつ、要所要所に上記の「計画通り」のような原作を再現するシーンを入れることで「デヌけ」を「デスノート」たらしめることに成功した脚本もなかなかのものでした。

また、原作と違って月が元々は平凡な大学生なので、キラとしての自己を確立するまでに父親やLとの関係に葛藤していく様子が描かれていたり、

L(山崎賢人さん) が月に対して真に友情を感じていて、最後の最後まで彼がキラであって欲しくないという気持ちを捨てきれずにいたことなど、設定の違いから生じるキャラクターの人間くささが、「こういったデスノートもあったかもしれない」と思わせてくれて胸が熱くなる作品でした。

最後、月は燃えたデスノートを掴みながら自身も焼死しますが、全身に火がついているにも関わらず最後の最後まで「新世界の神」になることを諦めていませんでした。

敬愛する父親を、親友であるLを殺してまで進んできた月は、新世界を実現しなければならなかったのです。

 

正直ニトリのカーテンに代表されるように、日テレのドラマにありがちな安っぽさ、詰めの甘さは随所から感じられ、特にニアが引きこもりの腐女子みたいなキャラにされていたことは許されませんが、そういったクソドラマとしての要素を持っているところも実況するスキがあり、愛された理由でないかと思います。

(もちろん、窪田氏の演技力がもったいないのでMOZUみたいにカッコイイ画面にしてくれたらどんなに良かったかとは何度も思いました。)

 

 

ちなみに、2014年クソドラマ大賞の「GTO」の鬼塚英吉と、デヌけの夜神総一郎のクロスオーバーカップリング「鬼一郎」も一世を風靡しました。

f:id:urimura:20151228181316j:plain

 

 

 

以上、2015年神ドラマランキングでした。

惜しくも入賞しなかったものの、釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助〜」天皇の料理番」などはランクインしたドラマに引けをとらない出来だったと思います。

いい線はいっていたものの、今一つ足りなかったものとしては、

「問題のあるレストラン」「Nのために」「ウロボロス」「ゴーストライター

などが挙げられます。

 

 

後編はクソドラマ部門です。お楽しみに。

 

 

 

2015/12/31追記:後編更新しました!

urimura.hatenablog.com